noSte -Nostale Note-
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

引き取り手募集 

完了。
ファミの方に渡しておいて頂くようお願いしてるものが1件あるので、メモきた方はご確認ください。

ぷらちにはゆきから貰ってくれ
あとココも会える気さっぱりせんからゆきに預けてるわ
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/05/14 Sat. 21:59    TB: --    CM: 21

雑記1 

色々メモやらコメントやら耳やらもらっちゃって
いちいち返事するのがめんどくせえw
から、しないかもしれないけどあれだ
ありがとー
まぁ気が向いたら返事なりなんか記事なり書くさ


Q.デストって攻撃も足も遅いけど使えるの?どういう振りがいいの?
A.使えます

結局は状況次第なんだけどね。
まずはどの職でもいえることだけど火属性という観点からダメージが通りやすい。
攻撃40属性68くらいのデストで十分なダメ出てました。
(シェルは火減8%くらい)
で、火属性のダメージが脅威になると相手も火属性をカバーせざるを得なくなる。
そうすると水光等が若干疎かになるわけで、レイやWKが生きてきます。
ただこれは属性を分けるという基本的な考えのもとでのことなので、強いヲリや赤魔が多い時はあまり効果がありません。
レイやWKの状態異常や、範囲や手数故の攻撃力の方が効果的な場合が多いです。
特に目足とESがしっかり全員に行きわたるだけのレイとWKは必須なんで、そちらが最優先。

デスト個体の性能はどうだろうね。
じゃじゃと比べるとじゃじゃの方が強いのかもしれないけど、それでも昏倒とメディカルは魅力的なスキル。
でも基本的に攻撃速度が遅いので、スキル使うより通常攻撃をピチピチ狙う方がいい。
足は瞬間的には最速なので、追撃時は簡単です。

てことでステ振りですがー
攻撃70属性60HP50とかね どれくらいの強化でできるか知らんけど
まぁHPは好みで、攻撃>属性に振る感じでいいと思います。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/04/16 Sat. 22:15    TB: --    CM: 2

WKネタ振り 

耐久特化ってHPと防御どっちがいいんでしょうね。
HP100の方がポイント的に簡単にできるけど試しに防御メインで振ってみた。

抵抗ボーナスが高いのでレイク手+ファストレイクでこの抵抗。
シェルとES込みで95/120/141/124までいく。
ちなみにpb火ブレ水ブレもついてヴォル手足だと135/137/159/165。
硬いのは硬いんだけれど、所詮弓のHPなので剣士のようにはとてもいかない。
具体的にどれくらい硬いかというと、被ダメなんていちいち見てる余裕ないのでわかりません。
伝コン故に火力はひどいことにはなってないけど全然足らん。
壁になっても後衛の手数と火力が足りなさ過ぎて無意味に終わることが多い。
弓らしく高火力をもって相手を削って退けることを狙う方がよさそう。
キヤクもったいないからしばらくこのまま・・。
ちなみにHP100振りのレイをたまに使うけど、火力低すぎて役に立ちませんよ。
結論:火力≧耐久

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/04/02 Sat. 19:13    TB: --    CM: 4

天使と悪魔比較 

要望を頂いたので。
例によって超個人的主観まっしぐら。

・総合戦力
以前に2月中旬に悪魔が多すぎると嘆いていた状況は3月になって落ち着きを見せた。
一部の悪魔のファミのイン率の低下と、天使に移住した方々の影響だったのではないかと思う。
しかし最後に確認した3/30の状況では、主に某ファミの移籍の影響で完全に天使優勢に傾いている。

・剣士
強力なプレイヤー数では互角くらいだと思う。
イン時間に各々ムラがあるので、どちらの陣営にそれらのプレイヤーが多くいるかで戦局が大きく変わる。

・弓
数はお互いたくさんいるのでなんとも言い難い。
ただしスペックの高い弓の数は圧倒的に天使が多い。
プレイヤースキルというか状況把握能力という点でも天使の方が圧倒的に上位。
天使の弓は攻め気があり突撃や反撃に強く、悪魔の弓は逃げ足が速いので死ににくい。
なにより悪魔はレインの数は多いのだが、目足を分け隔てなくかけ続けられるレインが少ない。

・魔
動ける魔は悪魔が多い。
対して天使は2pcが多く少数時でもバフはしっかりしていたりする。
天使で自発的なプレイができているキャラは主にサブキャラで、魔メインのキャラは何をしていいのかよくわかってない事が多い印象。
悪魔の魔は比較的好戦的。
とはいえしっかり全属性bfをかけたり、ホリにまわって回復補助に徹せるキャラも多い。というか優秀なホリが多いので同数程度だと優位に戦局を進めることができることが多い。

・白チャ
天使は突っ込む等の戦略的合図が比較的多いのではないかと。
悪魔は雑談が多い。

・両陣営で戦ってみての全体的な印象
どちらにしても言えることは、現状を把握せずに戦おうとするキャラが多い。
相手の人数、各キャラのおおまかな強さ等、一見もせずに適切な対応ができるわけもない。
どちらかというと天使の方がこういった点では優れている。
悪魔は攻められると初手逃げ一択。
圧倒的優勢時のハッスル具合は以前は悪魔がすごいと思っていたけど、悪魔にきてみると天使も結構ハッスルしてるように感じた。
Pentaみたいなのが見えるからぶっ殺したいだけなのだとは思いたくない。
復帰攻撃は天使が圧倒的に多い。特に伝プレイヤーによる鬼畜なものが。

いま思いつくのはこんなところ。
ちなみに反論等あると思いますので、こちらのコメントに忌憚のないご意見をしていただいて構いません。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/04/01 Fri. 22:52    TB: --    CM: 2

劣勢時の戦闘ポイント 

歴然とした人数差がつくと左の針上を逃げつつ戦うことになると思います。
ですが、ただ逃げ続けてポータル傍まで引き寄せても、針によってHPを半分以上削られるのは先頭の3キャラ程でそれほど効果がありません。
数の圧力の前に何もできずに倒されるorポータルに逃げるではどうしようもないので、よく利用される反撃ポイントの紹介をします。
何をすればいいかよくわからないという方は周りの動きを見つつ参考にしてみてください。

■反撃ポイント1

マップ中央の道が狭くなったところ。
赤い矢印のルートを通り、弓やブレを先頭にここを通過します。
画像のWKがいる立ち位置だと、相手も水平直線上にくるまでこちらに攻撃することができなかったりします。
オレンジの一帯に相手を集めるように位置取り、波状攻撃を仕掛けることができるポイント。
相手の範囲を分散できるように、こちらは横に広く位置取るといいと思います。
こういった集中的なぶつかり合いでは魔のブリザ・メテオによる昏倒を相手よりも先に発動させること(相手の魔も巻き込める可能性が高い)が非常に重要なため、魔の方は意識してみてほしいと思います。
そのためにはスキル発動が遅く耐久も低めな魔を生かすための準備も必要です。
アースショックやアイビーによるショック、剣気爆風による移動低下、先制的な閃光弾により相手の閃光弾を防ぐ等。
また、ヲリが複数いる場合は釣り役を逃がすためのフュリとは別に、細道を抜けたあたりでの仕掛けるためのフュリがあると一気に間合いを詰められて効果的です。

・悪魔陣営目線

この位置は視界も悪く、フュリなどで一気に詰められると対応もしにくい。

・前過ぎる悪いポイント

これも悪魔陣営目線。
前方に出過ぎた位置で勝負を仕掛けると、同じ理屈で相手の方が有利な地形になります。

■反撃ポイント2

反撃ポイント1と同様に、赤い矢印のルートを通り一時的に悪魔陣営のキャラが集中します。
ただし相手後方は広く、すぐに分散される可能性も高い。
ポイント1より優れている点は、このくらいの距離まで走ると、相手の魔が少し遅れた形になるという点です。
相手の魔が到着する前に、先陣を切った弓を一掃したいところ。

■反撃ポイント3?

ガーディアンを利用しての戦闘を考えているのだと思いますが、お互いに戦闘領域が広く、数で圧倒されている場合にはほとんど勝ち目がないような気がします。
そして何より、この位置での戦闘を視野に入れるならガーディアンにフュリをかけることが必須です。
ガーディアンの命中は550程度しかないので、相手にフュリがあるとほとんど当たりません(フュリがあっても90弓には当たりにくい)。
また一度ポータルに逃げ込んでも、天使側には黒で囲った部分にガーディアンの攻撃を受けないところがあるため(ちなみに悪魔陣営側にも似たような場所が1セルだけある)、前後から挟まれてしまうというケースが多いと思います。
なので・・・


自分自身あまり実践したことはないのですが・・・。
ガーディアンを利用した位置取りならこのように2体のガーディアンの間に相手を挟むような形にするべきだと考えています。
天使陣営のガーディアン地帯は右方向にも広く展開できるので、ぶつかり合って可能性があるのはここではないかと。
ポータルに逃げ込むことは困難な位置になるので、天使陣営全体で勝負に出るという意思の統一が必要になります。
ちょっと難しいポイントかもしれません。

■余談:針について

両陣営で針のタゲを受けないポイントを赤く囲っています。
天使側は基本的に床の色が白い部分がほぼ安全地帯(記憶頼りなので確実ではありません)。
悪魔側は外周側の安全地帯が少ないかわりに、ガーディアン傍の左側に大きな安全地帯がある。
針はレイドの隕石のようにMobのような扱いで、ある一定の区間で最初に足を踏み入れたキャラに追従します。
タゲを受けて実際に針攻撃を受けるまでに時間差があるのでアバウトな確認ですが、悪魔陣営側は図のような区間分けと針の数になっている感じ。
常に先頭を走り下りていくとガーディアン傍にたどりつく頃にはHPの60%は確実に削られ、なお針攻撃を受け続けるので、最下地帯で針タゲを受けたらおとなしく針タゲとして脇によけておくしかないですね。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/03/22 Tue. 16:31    TB: --    CM: 4

Profile

Idle hands

Release

Comment

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。